二世帯住宅造りで家族の要望とは

二世帯住宅をする上で、家づくりする際に様々なことを家族で話し合いました。両親も高齢者になり、父は足が不自由なので、どうしてもつまずくことがあり、ちょっとした段差も気になるので、バリアフリーにして歩いても安心できるような環境にしたいと思い、住宅メーカーの方へこちらの要望を伝えてプランを作ってもらいました。親も含めて、家族に分かりやすいような説明があったので、とても参考になり二世帯住宅を設計してもらったことで、安心して任せることができました。特に1階部分には日差しが入り、日当たりがよいので両親も心地よく自然を感じながら生活できるようにアレンジしてもらました。やはりどうしても2階部分と比較しても1階部分は日差しが入りにくいこともあるため、細かい部分も考慮して家を造ったことで安心した住まい環境にすることができ、理想的な二世帯住宅になったので家族の要望をしっかり伝えることができたのはよかったですね。