住まいの自慢はZEH住宅にしたことです

住まいの自慢は、ゼッチ住宅を交野市に建てたことで、省エネ・創エネ対策がしっかりできるようになりました。太陽光パネルの設置・エネファームを付けたことで電気や給湯も同時に効率よくできます。最初に初期設置費用がけっこうかかりますが、補助金も出ますし、上手に活用していくことで、効率良い住まい造りができることを実感しました。HEMSを利用しているので、家庭内のエネルギーを見える化することで、家族全員がエネルギーの無駄使いに関して意識レベルがだいぶ変化したのがわかります。ゼッチ住宅にすることで、家族が一丸となって効率よい快適な暮らしを実現するようになりました。やはり目に見えてエネルギーの無駄使いは何か、はっきりすることができ、子供達も分かるようになりました。自慢のゼッチ住宅は、新築一戸建てを建てる時に夢だったので、じっくりハウスメーカーの方と相談しながら、取り入れた方がよい部分など、アドバイスを参考にしながら取り組んでいます。