節水型のトイレを選びました

地球温暖化が問題になっているので、家を建てるときには節電・節水できる環境に配慮したものにしようと考えていました。
そこで採用したものが節水型のトイレです。
トイレの水を1回流すだけで6Lほどもの水を使用しています。日本は水に恵まれている国なので実感がわきにくいですが、世界では水不足に悩んでいる国が少なくありません。水を大量に使用すると電気も使うことになります。
節水型のトイレを調べてみると、今は技術が進歩していろいろな商品があることに驚きました。20年前の設備だと4人家族で水道代が年間約6万円ほどかかっていましたが、節水型のトイレにすると年間で3万5千円ほどに抑えられるのだそうです。年間で水道代を2万5千円も節約できるのです。家計に優しいだけでなく、環境にも優しいことでしょう。
設備投資に費用がややかかってしまいますが、長い目でみれば家計にも環境にもよいと思うので、節水型のトイレを採用することにしました。